大阪市西区京町堀2-2-11 立誠社ビル502

06-6110-5741 mail@focus-drive.co.jp

複数の肩書をもつ

メモ

今日はあながた一瞬にしてパワフルになる方法をお伝えします。

考え方も、アイデアも、姿勢もまったく変わってしまいます。

そして結果も・・・。

今日あなたにお伝えするのは、「複数の肩書をもつ」ことです。
ほとんどの人の肩書は1つくらいです。
「会社員」「主婦」「学生」「フリーランス」「個人事業主」「経営者」「ダンサー」「公務員」「弁護士」などなど。

肩書が1つしかないということは、無意識で自分自身を制限していることになります。
たとえば、自分は会社員だという肩書だけの人は、会社員の枠を飛び出すことは難しい。
起業家的な発想をするにも制限をしてしまいがちになります。
つまり、みずから枠をつくってしまって、まじめにその枠から出ないことを無意識レベルでやっているのです。
実にもったいない話です。

複数の肩書をもつということは、どういうことでしょうか?

私は現在、3つの肩書があります。
「起業家」「投資家」「コンサルタント」です。
どの肩書も自分の強みに合っていて、楽しいし成果が出ます。
そして私が「会社やお店の企業価値を上げる」ことを軸にできているのは、これらの3つの肩書があるから出来ている発想です。
クライアントが仮に「会社を売りたい」っていう気になったときに、今の価値の10倍以上の金額(価値)にするつもりで会社やビジネスのシステムを組み立てる提案をしています。
これは「起業家」や「投資家」の肩書がなければ出てこない発想です。
そして、それくらいの価値になるような良い提案をしたいというのは「コンサルタント」の発想です。

あるクライアントにこのことを伝えたところ、その場でクライアントは3つの肩書を決めました。
数日後、そのクライアントの口から、驚くほどのすごいビジネスアイデアをいくつも聞かせていただきました。
もちろん、私もそれらのアイデアにすべて賛成で、力強くサポートしたいと思いました。

あなたの肩書は何でしょうか?
もし複数の肩書を持てるようになって、良いふうに変われた場合、あなたにとっても私にとっても嬉しいメールを送ってください。

あなたの良い変化と良いメッセージをお待ちしています。